February 04, 2010

交通事故→レッスンはキャンセル

昨日、交通事故にあいました

あと1時間で3歳児のクラスが始まるという2時、甥っ子を迎えに片道20分ほどの幼稚園へ出発。


私、2斜線の大きな通りを直進中、左側の駐車場から突然車が

よけたけどよけきれず、先端が
ドカーンって。
時刻は2時15分。

警察に電話している最中にパトカー到着。
え?速くない?

ウフフ、なんと偶然通りかかった交通課の警察官で、事故の現場ばかり廻っていたそうで。


相手の人、製薬会社に勤めるサラリーマンで、自分は悪くないと思っていたらしく、謝らないの。
で、警察にどっちが悪いんですか?って聞いてましたよ。
答え。

「あのね、ここは大きな通りだから、支線から出てくる人はしっかり止まって確かめる必要があるの」

「でも雪の山があったら前に出ないと見えないですよね?」

「そういう時は、車から降りて確かめないといけないくらいの責任が支線から出る側にはあるんですよ。お分かりいただけます?」

「はい、わかりました」

といっても、私はただ真っ直ぐ走っていただけですが、お互い動いていたということで、保険的には多分2-8の割合になるそうです


さて、事情聴取が終わればすぐに走り出せると思っていたら・・・

「タイヤに金属がくいこんでるから、レッカーお願いしないとダメですね」
という警察。

見てみれば、ホントだ。
左前のドアも開かないし。
エンジンもかからないし。
ホイールカバーは取れてるし、ホイールも曲がってる。
フロント部分は大きくはがれてビローン・・・

ってことは、3歳児のクラスも低学年クラスも、できないじゃん


みんなにオヤスミしますの電話をかけて、レッカー車を待つ私。
相手は帰って行きました。

寒い
アイドリングしちゃおっ。

・・・あ、エンジンかかんないんだった

今冬一番の寒さ、マイナス10度の中、待機しましたよ。
車のガラスはどんどん凍りついていく。。。

で、レッカー車が到着したのが4時くらいだから、2時間くらいあそこにいたのね。
レッカー車の助手席に座って、暖房の入った空間でしばしの間ホッと一息。
バックモニターに映ってる事故車の写真撮っちゃった。



そんなこんなで一緒にディーラーに行って、代車もらってわが子を幼稚園に迎えに行ったのは、5時半でした。

子ども達は、何故バスで帰れずに突然「預かり」のお部屋に連れて行かれたのか聞いておらず、

「今から英語やるの?」

だって。
ごめん、ママはもうそんな気力も体力もないのよ。

実際、家に着いて、振り替えレッスンの日時を決めて(それまでに何度生徒宅に電話して調整しただろうか・・・)、さぁお腹が空いた、ご飯だ!
と我に返ったのは6時半。
そのまま外食に出かけてしまいました
たかちゃんが遅くてご飯いらないって言っていたからね。

以上、事故の報告でした!


bailydaily at 11:53│Comments(4)TrackBack(0)ハプニング 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ところてん   February 06, 2010 04:41
事故、恐ろしいですよね。私も、子供を乗せてて、ガ-ンと横から、ぶつけられたことがあります。
子供を乗せているのに、大丈夫でしたか?とも、ごめんなさいとも言われずに、逆に、いちゃもんつけられました。アメリカですね。
自宅英会話楽しんでください。私も、自宅日本語教室をしています。(日本では、自宅英会話をしていましたが 笑) 家業と仕事両立 
大変かと思いますが、充実した毎日になりますように。
2. Posted by Baily   February 06, 2010 09:58
子どもを乗せていてぶつけられて、更にいちゃもんつけられたら悲しくなっちゃいますね。
そういう人にならないように、私も気をつけます!

ところてんさんは自宅日本語教室ですか!ステキ★ECCの大先輩でもあるので、これからまたいろいろ教えてください。
3. Posted by misa   February 06, 2010 11:35
体は大丈夫ですかー?
事故があると精神的ダメージが大きいですよねー
4. Posted by Baily   February 07, 2010 22:06
体は全く異常なしです♪
車がコンパクトなくらいで、特に不便なこともないので、無事をありがたく思うばかりです

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
おすすめイーラーニング
FORCE Club 小・中学生向けe-ラーニング ユーザー募集
記事検索
アクセスカウンター

    訪問ありがとう♪また来てね~。

    人気ブログランキングへ