February 05, 2010

雪まつり―幼児3人とわたし

今年も行ってきました、雪まつり

数日前の予報では金曜日は「吹雪く」と。
ドキドキしていたけど、まぁまぁの天気!

我が家は体験型の会場「つどーむ会場」から徒歩10分ほどです。
早めに子ども達と姪っ子を迎えに行って、車を置いて、いざ出発


晴れていた最初の頃は、問題なく3人とも歩いて元気に到着。
子どもの足だと小走りで15分くらいといったところかな。


まずはチューブスライド、つまりタイヤのチューブに乗って雪の滑り台を滑るアトラクションへ。


今年は自分でチューブを引っ張って上まで持っていくスタイルだったので、娘(4歳)はてこずっていましたが、お兄さんに助けてもらいました。


こんな感じ。
去年までは小さい子は2人乗りができたけど、今年は1人のみ。4歳以上じゃないとダメだったので、全員セーフでした!

ちなみに今日連れて行ったのは4・5・6歳たち

姪っ子は、初めて来たので怖かったらしく

「ここ(胸)が痛くなっちゃったけど頑張ってひとりで乗ったんだよ」

って教えてくれました。
カワイイ


それからおしりのソリ。正式名称は知りませーん!


これは家にもあるソリなので、1回で終わり、次へ・・・

今度は氷の滑り台。
あ。おしりのソリで充電切れたからもう画像ありません

氷の滑り台は毎年何度も滑るほど楽しいらしいんだけど、今年は6回でした。
待ってる私は、もうブルブル震えが止まらず、足は寒さで痛くなってきて、意味もなくピョンピョンしてました

降りてくる度に

「ママ~もう1回!!」

「いいよぉ。行っといで!」

が繰り返され、吹雪いてもう限界という時に、子ども達も満足した様子で、走ってアリーナ会場(つどーむの中)に逃げ込みました。

ココアやホットミルクを飲んで暖をとり、さてまた外に出るか、と思ったら、なにやらステージで始まる様子。

スタッフに聞いてみると、ハモネプで優勝した「じゃ~んず」という男性5人のボーカルユニットのライブが始まるところでした。

全部聴いて、一緒に歌って、あ~楽しかった
ちょっと得した気分で、いざ外へ。

お約束していたスノーラフト乗り場にまたまた走って直行しました。
これは、スノーモービルにボートを引っ張ってもらってコースを1周するというもの。
お金がかかるんですが、他が無料だったので、これくらいはね。

乗っている間、怖くてじゃなく、寒すぎて叫んでしまった
地吹雪の中、右に左にわざと揺らしてくれる運転手さん、もういいですから!ホントに。

これで精魂尽き果て、家路に着く事になりました。
行きは歩いて来た道も、帰りは遠く思えるもの。
たった2区間のバスに、乗りましたとも。時刻もちゃんと調べておいたので、タイミングもなかなかでしたよ。

バスは初乗り200円。
幼児を3人連れていると、1人は同伴で無料。残りの2人は小学生と同じように大人の半額料金を取られるので、400円ですよ。


凍えた子どもたちは、家に着いてつなぎを脱いだら
「ボーーーーーーーッ」とすること数分。
用意してあげたお風呂に入ると、復活してきたようです。
そんな楽しそうな声を聞きながらの「雪まつり」報告でした

bailydaily at 18:24│Comments(0)TrackBack(0) ファミリー 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
おすすめイーラーニング
FORCE Club 小・中学生向けe-ラーニング ユーザー募集
記事検索
アクセスカウンター

    訪問ありがとう♪また来てね~。

    人気ブログランキングへ